FREELETICSを4ヶ月以上続けた結果

GO ASIA TRAILの堤です。

以前当サイトで紹介させていただいたドイツ製のトレーニングアプリ「FREELETICS」。

僕がFREELETICSを使い始めたのは今年の5月のゴールデンウィーク中。この当時は、緊急事態宣言の真っ只中。通っていたジムも5月末まで臨時休業、コロナ警察がオンライン/オフラインで暗躍していたこともあり、外を気軽に走れる雰囲気でもなかった。お家でハードなトレーニングができる方法はないだろうかと、行き着いたのがFREELETICSだ。

そして、これを続けて4ヶ月。FREELETICSを通して良い結果、そして良い気づきを得たので、記事にしてみた。せっかく紹介したんだし、使ってみた結果報告も重要だなと。

FREELETICSでどんなエクサイズをしたのか

Photo by Kate Trifo on Pexels.com

私が選択したトレーニングジャーニー(メニュー)は、「Hybrid Running」というもの。自重筋力トレーニングとランニングを組み合わせたエクササイズ。トレーニング頻度は、週2~5日で選択可能だが、私は主に週4日のスケジュールで行った。

Hybrid Runningの主なメニュー構成は以下のようになっている。これを、今までのフィードバックに基づいて、FREELETICSの人工知能が自動的にメニューを組んでくれる。これが非常に良くできいて、自分でメニューを考える必要がないので楽。一種のパーソナルトレーナーがスマホの中にいる感じだ。雨の日などで外を走れない場合は、メニューを室内でできるものに変更できるのでご安心を。

インターバルトレーニング
(自重筋トレ)
高Repのトレーニングが中心。基本的に全身を鍛える。
楽なものもあるが、バーピーを合計120回する変態メニューも有り。
腹筋は地味にきつい。
インターバル走合計45~60分のメニュー。
短いので100m~400m、長いので1.5km~3kmを組み合わせたもの。
ペースは少しキツめで指定されている(本気ではない)
持久走6km~10kmのランニング。
一番楽なメニュー(ランナーにとっては)
シグネチャーワークアウトFREELETICSオリジナルメニュー。
基本的にタイムトライアル。

プロメテウスやアヌビスといったかっこいい名前がついている。
筋トレだけでなく、インターバルランのメニューも有る。

5分ぐらいで終わるものから、30分ぐらいかかるものもある。
インターバルランは本気で走ることになるのでめっちゃキツイ。
FREELETICSの主なメニュー構成

トレーニングの前後には必ずウォームアップとクールダウンのメニューが組まれる(それぞれ5分ぐらい)。これにより、トレーニング中の怪我予防、トレーニング後のリカバリーを促進させる安全設計。

インターバルランニングに関しては、距離は変則的になります。例えば、3000m走ってから、200mを10本、もしくは1500mを3本走るとか、様々です。これらのメニューを組み合わせて、心肺機能、筋力、スタミナを総合的に鍛え上げるのが、FREELETICSのHybrid Runningです。

4ヶ月以上続けた結果・・・

Photo by Li Sun on Pexels.com

主に週4日、Hybrid Runningを続けた結果、フィジカル面(体重、体脂肪)および走力面に改善が観られました。

まず体重と体脂肪。測定は基本的に起床後に測定。使用機器は、小米(Xiaomi)のスマート体組成計。体重は生き物なので、前日食べた食事やドリンク、トレーニング状況などにも影響するが、現在はおよそ64.9〜65.7kgぐらいです。体脂肪も17%以下になっています。

体重67.6kg→65.0kg (-2.6kgの減量)
体脂肪17.9→16.3%(1.5%減)
体重と体脂肪率

体重が軽くなったおかげもあるだろうけど、走力に関しては以前よりも明らかに速くなり、心肺機能も強化されたと実感しています。1500mのタイムトライアルにも出ております。

2020年5月6分15秒
2020年8月5分50秒
1500mタイムトライアルの記録

人生最速の1500mの記録は5分40秒(2018年9月下旬)なのですが、2020年8月に記録したタイム(5分50秒)は明らかに悪条件でのタイム。今年の夏は記録的な猛暑で、確か計測は夕方にやってますが、夕方でも30度以上の猛暑。おそらく、9月下旬の気候なら5分40秒まで短縮もしくは、自己ベスト更新になるのではないかと思っています。

あとは、体感的な部分になるが、股関節回りの可動域が向上しています。FREELETICSのストレッチメニューで「ディープスクワットホールド(いわゆるヤンキー座り)」というのがあって、これが効いているのだと思います。股関節回りの可動域がよくなることで、走りもスムーズになり、以前よりも楽に走れるようになったと実感しています。

改善できた理由

減量ができた理由は、アフターバーンにあると思う。

ジョギングや長距離ランだけでは、アフターバーンの効果が薄く、かつランニングを長時間を行うとコルチゾールが分泌される。その結果、走っている割には脂肪があまり燃えないらしい。。。むしろ筋肉が分解されて、かえって燃焼しにくい体になるらしい。

しかし高強度で短時間のインターバルトレーニング、インターバル走を行うことで、トレーニング後もエネルギーが消費され続ける。体重を減らすには、トレーニング中だけでなく、トレーニング後の日常生活の中でもエネルギーを燃やし続けるほうが効率が良い。

私は基本的には朝にトレーニングすることが多い。Freeleticsのエクササイズをやってから、仕事をするのだが、しばらくの間、身体が熱くてエアコンの設定を下げることはしばしばあった。これがアフターバーンなんだろうなと思いながら仕事をしているw

あと、走力が向上したのは、減量効果もあるだろう。あと、短距離走のようなダイナミックなフォームで走るのでフォームが改善された、心肺機能向上、体幹強化、股関節周りの柔軟性があがったなど、様々な要因が考えられる。

ただ走るだけでは駄目だ(DON’T JUST RUN)

Photo by Murilo Botelho on Pexels.com

最後に、FREELETICSを通して感じたことを伝えたいと思う。ただ単に走るだけでは駄目だと感じた。筋力、心肺機能、持久力を総合的に鍛え上げることで、長期的に強い身体に仕上がるのではないかと実感している。

Hybrid Runningのトレーニングジャーニー(12週間)を終えてから、実はおよそ4週間(RUN FASTER)というトレーニングジャーニーをやってみた。簡単にいうと、インターバル走を中心としたトレーニングメニューで筋トレはなし。

ただ、結果的に1ヶ月で止めて、Hybrid Runningに戻しました。理由は、当時私がツイートした内容をご参照ください。

本当に走るだけだと、身体の負担が大きい。特に膝周りの筋肉の疲労が貯まり、継続的にこれをやり続けると故障するかもと感じていた。が、途中で止めてHybrid Runningに戻したところ、疲労が抜けやすくなった。もちろん、走るばかりあとつまらないので、筋トレなどトレーニングのバリエーションが増えたことによる、精神的な部分もあるだろう。

筋肉の負荷を分散させながら、身体を鍛えたほうが良いと思う。Hybrid Runningだと、上半身も鍛えられるので、いいボディーも手に入る。トレイルランニングを走られる方は、足回りだけでなく、上半身も来てたほうが良い。特に、台湾のTHE BEAST TRAILのようなアドベンチャラスなレース、アジアの山々を駆け巡るのであれば、尚更上半身の強化も必要だろう。

というわけで、私は今後もこのFreeleticsを中心にトレーニングを続けたいと思います。興味が湧いた方は、ぜひトレーニングを始めてみてほしい。ゆるいSNS機能もあるので、一緒にハードなトレーニングをして、自分の筋肉を追い込みまくりましょう!

↓20%OFFのクーポン↓

https://www.freeletics.com/ja/training/coach/get/?referral-id=126497723

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。